湯田孝次の少年期

2013年03月21日

孝次少年時代貴重な写真が出てきたので記録しておきたい。15歳の時に村を出て行ってしまったので、今となっては、この一枚だけ。
お袋が持ってきてくれた。
<家族・兄弟>
 湯田一吉とカツヨとの間に昭和28年10月16日に生を受ける。兄弟は、幸子(長女)操(次女)孝芳(長男)孝次(次男)吉則(三男)の5人兄弟で下から2番目。
血液AB型。
<少年期>
少年時代は「ど・も・り」だったため、ナーバスだった。しかし、歌は大好き。小遣いが欲しくなると各戸へ「はいっと!」といって、庭先で歌を歌っては小遣いをせしめたものだ。まだ、テレビは無く、ラジオで覚えた「赤銅鈴の助」と「月光仮面を」歌っていた。写真は小学3年生の時、後ろはタバコ屋さん、手前は神社の川にかかる橋です。ついでにその時の通信簿を載せてみました。漢字とかけっこが少々苦手。
<家計>
父、一吉は、片足のため就労ができず、母、カツヨの女手一つで極貧の中で育てられた。故にこの時期体重は20kg、小学卒業時に、ようやく28kgまでになった。骨川筋衛門(ほねかわ、すじえもん)というあだ名も頂戴していた。
成績表

夢追人yudakoji28 at 17:51コメント(5)トラックバック(0)