栗生沢の歴史出来事

2013年07月18日

毎年、神社に飾られる垂れ幕の歴史をひもとく垂れ幕B

垂れ幕の左側にボロボロになりながらも今もって大切に飾られる垂れ幕の奉納者、読んでみよう。

明治34年(西暦1901年)辛丑(しんちゅう)6月12日
*干支の意味で60年ごとに、次回は西暦2021年になる。
明治34年生まれは、今生きているとすれば112才。この年は昭和天皇が生まれた年、翌年には日英同盟が結ばれ、翌々年には日清戦争が勃発した。そんな年です。

湯田留次

神社入り口の左側、中村屋さんの隣(近年自宅全焼)湯田徳衛門、おきよ、湯田利男の先祖。屋号?

同 市作

タバコ屋の3軒手前、湯田太一郎、湯田良子の先祖。屋号「太田屋」

同 寅吉


湯田盛、湯田盛吉、屋号?

同 新作

なんと私のご先祖様だった!湯田一吉、湯田孝芳。屋号「橋本屋」

左三つ巴(神社)

このマーク(紋)は、水を表し「防火」のまじない紋として、神社仏閣の瓦等に多く利用されている物。
火伏せ信仰の象徴なのだ。

角立ち四つ目
3955840[1]
そして、これが部落の紋所「角立ち四つ目」と呼ばれている湯田家の家紋です。斜めに細く十字架を隠しながら、この紋所の意味する「団結」を表している。



(お願い)
私が書き綴るこのブログで、間違っているもの、または私が知らなかった物などが、有りましたら、教えて下さい。栗生沢を後にして45年がたち、遠隔地でしかも、乏しい資料の中、がんばって書き上げていることを考慮して頂き、間違い、訂正は大歓迎でお受けいたします。 湯田孝次







夢追人yudakoji28 at 11:00コメント(13)トラックバック(0) 

2013年04月09日


栗生沢村の墓にある墓標「官軍の墓」にプレートを作ってみた。
過去の出来事を正式に未来に残すため寄贈しようと思う。
   湯田旭さん管理の墓
官軍墓
「会津戊辰戦争百話」「会津戦争全史」に
栗生沢での戦いの詳細が記載されている。



プレート墓

当時の田島には新撰組の「土方歳三」と会津藩の御家老「山川大蔵」の会津藩最強精鋭部隊が守備していた。藩の大方の予想は、官軍は日光口を突破して進入してくるだろうと予想していたが、お城の急変を聴くに及んで、急ぎお城に戻った。有名な彼岸獅子の出で立ちで入城していった。

田島慈恩寺(役場近隣)の合葬墓に彼の名が刻まれている。襲撃した村人、宇平、佐吉、仲吉、百太郎の4人は英雄(ヒーロー)だったが、一ヶ月後には賊となってしまった。山本他人輔は芸州藩の隊長だったのだ。

夢追人yudakoji28 at 13:38コメント(10)トラックバック(0) 

2012年03月02日

 栃木の板室温泉から那須高原に抜ける道沿いに会津中街道の跡を示すかのように道標碑が建っていた。
「右;会津街道、左;ゆもと道」と刻まれていて、これは元禄八年(1695年)に開設された会津中街道の道しるべとして天保七年(1836年)に建てられたもの。2mほどの高さがあって他には類を見ない立派な石碑だ。
これと同じものが田島と栗生沢の分岐点に建てられていたそうだ。左;三斗小屋、右;日光へと書いてあったかどうか、不詳だが、道標の石碑が有ったことは確かである。残念ながら建築資材として盗失したようだ。

(注釈)会津中街道とは、栗生沢を通って、三斗小屋経由で、板室へ抜け、関東に行く街道を指す。幕末から明治初期にかけて往来が活発だった。村中が、同じ湯田を名乗っていたため、この機に屋号でお互いを呼ぶようになった。(例、私の場合は、橋本屋なのだが、通称「はしっぱた」と呼ばれていた。)


025 

020


美しき冬の栗生沢村(平成24年1月撮影)





夢追人yudakoji28 at 21:56コメント(6)トラックバック(0) 

2011年02月26日

img-Y01214003-0001南会津町(田島)教育委員会発行の250ページからなる冊子だ。著者は石川純一郎さんだ、うれしいね〜。村出身者ならば必ず1冊は買い求めておくべし。自分のルーツ・古里の資料編だ。

 先祖は何故に、この地に住み着き、またどのような暮らしをしてきたのか等、想像がかき立てられ一気に読んでしまった。

ーーーーーーーーー

本文中で興味のあったところを自分の記憶で憶測してみた。
*親族呼称
ジーヤ、バーヤ、トーチャン、カーチャン、オンツァマ、オバサ、アンツァ、アネ、アネサ、
*親族名称
ゴテ、カカァ、セナ、シャデ、コメラ、バッチ
*人称=相手の呼称
(目上)オメー、オメラ、(目下)ニシ、ニシラ、
<会話例>
「ニシ、誰だ?」(あなた、誰?)
「オレ、孝次だ」(俺、孝次)
「なぁーんだ、孝次アンツァが」(なんだ、孝次兄か)
「ところで、オンツァマは今何やってるんだ?」(ところで、おじさんは今何してる?)
「オンツァマ?あぁジーヤのことか」(おじさん?あぁ爺さんのことか」
という感じです。

栗生沢の代表的な方言には以下のものが有ります。
◎ ニシ(おまえ、あなた)   ハイット(ごめんください)
ジャンボくった(葬式になった) カビダレモチ(川で転ぶこと)  コイ(疲れた)  ケロ(頂戴) 

<生活編>
 山の幸に恵まれていたようだ。畑は女に任せ、男は山仕事が主。水田が始まったのは用水を村の中に引いた明治23年から。
炭焼きと狩猟が盛んで、特に熊ブチは有名だったらしい。そういえば子供の頃、田島町にでると、よく「栗生沢の熊」と馬鹿にされたものだった。それが何故だったのか、この本を読んで納得。そうだったんだ。

 熊撃ちをしていたのは湯田茂、湯田友治、湯田元、湯田喜志、湯田清八とある。湯田元は私の祖父(じーや)で明治の人だ。そう言えば実家には火縄銃と熊用の槍2丁が有った。鹿の角で飾ってあったから良く覚えている。

 熊の猟法は、その祖父(じーや)から「冬、熊(シシ)が寝でいる穴の入口を太い棒で横に遮ったあと、棒で穴を突っつくんだ。そうすっと熊が起きてでてくんだげんじょ、入り口に横棒があるから棒をたぐって仁王立ちとなっちまうんだ。その時、この槍で月の輪をめがけて刺し、仕留めるんだ」と、こんなかんじで聞いていた。「おっかなぐねぃのが?」と聞くと「おっかねぃ、よりも面白い」と話してくれたものだ。

 冬の動物性タンパク質はこの熊肉で補給。熊肉の食感は、堅く、噛み切れず、油が多く、そして臭いのだ。この臭いのため犬は唸るだけで食べない。熊の胆は高価、一個、当時6万円で売り買いされていた記憶がある。今の金額で換算すると50〜60万円相当額だ。冬の貴重な現金収入、皆で山分けしていたようだ。


夢追人yudakoji28 at 08:57コメント(2)トラックバック(0) 

2011年02月08日

村の起源は、依然不詳。だが発祥形態は、おおよそ、つかめた。以下の図が、それらの形態図。
会津中街道が江戸への街道として使用されていたとき、同じ湯田性を家ごとに区別するために使用された屋号だ。空白の家の屋号が分からない。誰か知っている人がいたら連絡が欲しい。

img-Z16153757-0001



夢追人yudakoji28 at 09:39コメント(21)トラックバック(0) 

2009年05月18日

  キリシタンの隠れ村里「栗生沢」。その資料となるべく「転切支丹類族書上帳」、それに今にも残る慣習の数々。

「キリシタン」(=切支丹)の別な呼び名「クリスチャン」からの由来で、「クリス」の漢字表記には栗栖、栗須、栗巣等があり、栗生は、その「クリス」から派生した言葉。

 これほどまでにキリスト教への信仰が強く深かった栗生沢。しかし私の知るところでは現在の信者は皆無。その流れも欠片もなく、絶滅状態。ただお彼岸の行事が無いという慣習が残っているだけ。田島町では今でも結構キリスト教は広く伝わり、教会やら幼稚園やらと有るのだがね。

そういえば先祖への供養としてのお墓参りは、年に一回、お盆の時だけ、しかも午前中に行っていた。供養物はお茶、団子、線香、お花などだが、不思議なことに、お墓の前で腰をかがめ手を合掌して拝むということをしない。持ってきた供養物をお墓に沿えて巡るだけなのだ。とても粗雑なお墓参りなのだが村人全体が同様なので、子供の時から、お墓参りとは、そんなものと思っていた。

 

 またまた次期への抱負となってしまうのだが、村にまつわる資料の全部を現代語訳した上で記録、掲載してみたいものだ。これはきっと私が70才を過ぎた頃の作業となってしまうような感がする。膨大な時間がかかるから、だから。。「いつの日にか」ってネ。



夢追人yudakoji28 at 18:06コメント(7)トラックバック(0) 

自宅欄干

2階の手摺に刻まれている屋号、旅籠としての名前か?、神社の前の6〜7軒ほどには次の名前が残っている。

中村屋橋本屋加登屋、越後屋、若松屋、大黒白木屋等々だ。

写真は私の実家の写真。龍の頭3個の上に右に漢字、左に大和仮名で「はしもとや」と刻銘されている。

古よりの記録が新築、増築で消えていくなか、貴重なもの、大切に残していきたいものだ。

 



夢追人yudakoji28 at 17:35コメント(497)トラックバック(0) 
官軍墓 

5月のGWに帰省。早速お墓を散策。いくら探しても見つからない。するとお袋が「何を探しているの?」と聞いてきた。事情を説明すると、依然、お墓の廃合整理するさい、無縁仏にもかかわらず湯田旭さんが「かわいそうだから」と自分の墓地に移動、手作りながら写真にある墓票を立てたそうだ。
墓標に名前は無く、ただ「官軍の墓」とだけ記銘してあった。でも気持ちが嬉しいね。この機会に覚えておこう
 その人の名は西軍の田島方面軍の将であった芸州藩外様歩行横目組「山本他人輔」。の人だ。慈恩寺境内には「官軍戦死十九人之墓」の中にその名がある。また広島県にある芸州藩籍名簿にも彼の名前が乗っている。没年は慶応4年(1868)9月14日。殺ったのは(手柄をあげたのは?)湯田仲吉、湯田百太郎他村人数人。誰のどの家のご先祖かな?



夢追人yudakoji28 at 16:57コメント(736) 

2008年11月10日

(歴史)

1590年、豊臣政権下に近江出身の蒲生氏郷が藩主として会津に赴任。このとき幸福の言葉「松と鶴」が地名に用いられ会津若松と鶴ガ城の誕生となった。藩は盛況を極め会津100万石の大藩となる。しかし実はこの蒲生氏郷、キリシタン大名だったのだ。蒲生氏郷の姉が南山鴫山城(田島)の城代であったがためキリスト信仰は南会津、特に栗生沢と水無等に多く深くの信仰していった。

1614年、徳川幕府はキリシタン禁止令を出しこれを迫害。栗生沢は村全体で転宗・改宗としながらも実は隠れキリシタン部落となっていた。資料「転切支丹類族書上帳」には栗生沢、水無の村民が多く記帳されている。

1637年、島原の乱が起き、そこから逃亡してきた家司馬将なる人物と水無のキリシタンの長である横沢丹波の家で外国人宣教師ともども捕らえられ、逆さ磔・斬首によって殺された。(記録書「会津事始」より)

(湯田の姓についての考証)

隠れキリシタン村「栗生沢」という下地のもと、湯田の名は隠れキリシタンとなるために、あえてイエスの裏切り者「ユダ」を名乗ったと思われる。なぜならキリシタンの痕跡のあるところには必ずある名字「湯田」なのです。明治6年に施行された「名字苗字必唱令」より、遙か昔から、湯田の姓は残されてはいる。古くは慶長8年(1603)の「言上之事」という願書には湯田左近という名が代表で記載されてある書がある。時期的には蒲生氏郷時代、田島城代の小倉作左衛門に提出された書である。また文化3年(1806)湯田右衛門なる板碑も峠の祠に現存し、村の大山神社には幾枚かの板碑が納められている。名字を持つことが許されていない時代にです。さらに幕末の戊辰戦争には村長;湯田久左衛門他、湯田宇平、湯田佐吉、湯田仲吉、湯田百太郎なる名前が上がっている。これを見るに村人全員が湯田を名乗っていたようだ。

隠れキリシタンを今に伝える事例としては、村にはお寺が無いということ。栗生沢と水無にだけお寺が無いのだ。(水無では田圃の中からマリア観音と見受けられる石像が近年、発見された。)それゆえ、9月23日のお彼岸という行事がこの村には今でも無いのだ。さらに、部落の紋所は皆、十字架を思わせる角立ち四つ目のマーク、この紋所は薩摩の島津藩と同じだが栗生沢独自の物。村出身者なら誰でも知っている紋所です。

キリシタン禁制の江戸時代に苗字を持つことが許されていたのは村長だけ、そしてキリシタン弾圧から身を守るために新約聖書の裏切り者とされているユダをあえて名乗り「転び切支丹」に見せかけたようだ。以来、村全体が湯田一族として今日まで、この苗字を存続させてきた。

 

 



夢追人yudakoji28 at 10:46コメント(0)トラックバック(0) 

2008年11月06日

会津公の写真  新居引っ越しにともなっって古物のほとんどを廃棄してしまった実家だが、この写真はさすがに躊躇したらしく保持していた。神棚の上から、「俺が持っていても、しょうがないから」と私に渡してくれた。歴史に余り関心を持たない兄貴だが、これは大手柄。もうほとんど見えなくなってしまって修復・復元には大変な手間暇がかかる。いつの日にか、と心に刻んで頂いてきた。 この写真は明治初期の頃?に大萱峠を越えて江戸に向かう時、我が家に宿泊していったときの記念として置いていってくてたものだと言う。
「会津の殿様だ」と今は亡き親父がよく語ってくれていた。

img-616110822-0001複写されたこの写真と同じなのだが、我が家に保存してあった物は原写だ。ということは親父の話は本当だったのだ。撮影の日時は、背景が同じだから、きっと幾枚か撮影してあり、そのうちの一枚を置いていってくれたのだろう。

 
 


***ついでに******   
譲り受けた刀(脇差し)の話

30年前に親父から譲りうけた脇差し一刀。その件も、ここに書き記したい。譲り受ける際、田島警察署に届けを出したのだが、その時しっかりとお叱りと警告を受けた。銃刀法違反の容疑でである。発見したとき届けるのが法の決まりなので、今まで秘密に長期にわたって保管していたことが違法だったらしい。そう言われてもねぇ.....。なんとか文化庁からの所持許可を取り付け、この脇差の所持が許された。さっそく郡山市に行き、鑑定と研ぎと最低の装飾をお願いした。30万円ほど費用がかかったが、鑑定結果をお知らせしたい。

制作時代;室町末期(戦国時代)  研ぎ師;河内守国助三代目  刀紋;あばれ刀紋(獅子衣装の裾にある紋様と同じ)と判明。資料を見せながらの説明に充分納得したものだ。

国助にはお弟子さんも多く、しかし柄元に刻んである筆跡で誰が作ったかは確かによく判明できるように刻銘されている。刀の値段は波形でわかる。

平刀=一本の線が走ったもの、主に足軽が所持(時価100〜300万円程度)

波刀=波状に刀形があるもの、扶持武士が所持(時価300〜500万円程度)

鈎刀=鈎型に刀形があるもの、上級武士が所持したもの(時価700〜3,000万円程度)

で、どうやら三種類があるようだ。親父から譲り受けた刀は波が荒れる刀紋、しかも刀身が、えらく反っている。これは貴族階級が所持していたもので、刀身の反り型は実戦用では無いとのこと。なぜこんな物が奥会津に?と。時価不明。

その刀は、その後どうなったかと言うと、実は今となっては、ものすごく後悔しているのだが、事業資金確保のため売却してしまった。300万円で。トホホだネ。だから、今現在では誰が所持しているのか全く不明。30年前の話です。



夢追人yudakoji28 at 15:27コメント(4)トラックバック(0) 

2008年09月25日

栗生沢の村中にある神社の右脇道から「大萱峠」を越えて栃木県那須野の百村に抜ける会津中街道。江戸への近道として江戸末期から明治初期まで利用された。幕末の会津藩主松平保容公及び家老西郷頼母等も通ったという。宿営地は橋本屋?。  ん?俺の実家じゃん。そう言えば子供の頃良く親父が見せて話してくれた「これが会津の殿様の写真だよ、記念にって置いていってくれたんだ」と。それは銅板写真。奥座敷にはこの写真の肖像画が飾られていた。「我が家の家宝だ」といつも自慢して見せてくれた。それと一緒に色づけされた巻物一巻。戊辰戦争の俯瞰図だ。今、どこにあるのやら。実家は新築移転され、他の人の物に。もらってくれば良かったと後悔している。我が家は村人から「はしっぱた」と呼ばれていたのを思い出した。湯田姓が多い村で区別のために屋号で呼び合っていたようだ。「はしっぱたの孝次」ってね。そうか、そう言うことだったんだ。

夢追人yudakoji28 at 12:51コメント(99)トラックバック(0) 

2008年09月22日

栗生沢にまつわる文献を見つけたので掲載する。 ※先祖の登場人物は誰の家の人?(登場人物)--------------------------------------- (村長)湯田久左衛門(村人)湯田宇平:湯田佐吉;湯田仲吉;湯田百太郎 --------------------------------------------- ◆第七十一話:栗生沢に果てた芸州兵◆ ■慶応四年(一八六八)八月二十九日、肥前・芸州・大田原・宇都宮の四藩からなる。西軍二千の兵は田島に攻め入った。会津兵はその日の朝、戦わずして田島の陣屋を引き払っており、これを追う西軍は翌三十日、さらに大内宿方面に向かって進撃を続けた。順調に勝ち進んだ西軍は、そこから一部の兵を返して田島に駐留させたが、彼らの狼藉ぶりは目に余るものがあった。腹に据えかねた地元農民たちは、会津奇襲隊による大内宿奪還作戦が九月九日の五ツ刻(午前八時)を期して行われることを知り、これに合わせて田島でも行動を起こすことを決めた。彼らは田島陣屋を襲撃すべく、田島組八箇村から一戸一人ずつ蓑笠姿で河原に終結し、わざと西軍陣屋へ「会津の大軍がそこまで押し寄せてきた」と告げ、一方では松の木大砲をドカン、ドカンと 打ち鳴らした。松の木大砲とは、ポンケ鍛冶屋の異名を持つ村の鍛冶屋が急きょ造ったものであったが、とにかく小勢の西軍は、敵の大軍と聞いただけで浮足だち、食いかけの朝飯を放りだして蜘蛛の子を散らしたように山中に逃げこんだ。■この西軍の将に山本他人輔がいた。山本は「大砲隊に攻撃されてはわが軍は全滅だ。遺憾ながらこの場は逃げるよりほかに方法がない。逃げ行く先は水無を通り、栗生沢(くりうざわ)から大萱峠を越えて下野那須郡高林村」と命じた。西軍に人足として使われていた栗生沢の湯田宇平は早速わが村へと走りこの事を名主に報告した。すると名主の久左衛門は村人を急きょ氏神様の境内に避難させると、西軍の通過に備えた。■明くる日の夜明けころ、西軍の兵たちは栗木坂を登って居平に到着した。この時 村人らは一斉に鬨(とき)の声を挙げ、それに合わせて湯田佐吉が猟銃を撃ったので、驚いた西軍の兵は坂を逆戻りし、部落を遠く迂回しながら逃げていった。 ■それから二、三日たったある早朝のこと、湯田仲吉、同百太郎の二人が山仕事に 出掛けたところ、広川原の杉林前にある小屋の中から呼び止める者がある。みるとそれは二人の芸州兵であった。仲吉らがびっくりして逃げようとすると、二人の兵は地べたに伏して助命を乞うた。彼らは栗生沢部落を迂回しようとして山中に迷い込み、この狭い山小屋の中で火を焚いて暖をとり、桑の葉っぱを食みながら露命を繋いでいたのであった。会津地方の、しかも深山の陰暦九月半ばといえば夜の冷え込みもかなりに厳しい。手足はすっかり霜やけにかかり歩くことも困難な様子であった。そこで二人は持ち合わせの握り飯を与えると、彼らは二分金一枚ずつをもって礼をし「我らを是非関東まで送り届けてほしい。後生だ」そう言ってなおも頼む。仲吉と百太郎はこっそり送ってやるつもりで彼らを担いで山を下りてくると、途中で村人に出会った。すると彼らは「この上の小屋においた方がいい」と言う。二人はこの意見に従って上の小屋に移し一旦は村に帰ったが、村で相談した結果、彼らの命を取ろうということになった。村人らは暮れ六ツを合図に小屋を取巻いた。すると芸州兵も外のただならぬ気配を感じ草叢のなかに隠れたが猟銃で撃たれて非業の最期を遂げた。この時の一人が山本他人輔その人であったそうで、慈恩寺境内にある「官軍戦死十九人之墓」の中にその名がみえまた糸沢の龍福寺には芸州兵が宿営した時に落書きした「芸州藩二番隊」の逆さ文字が残っている。     小島一夫著「会津戊辰戦争百話」より抜粋

官軍の将 山本他人輔とは芸州藩(広島)の外様歩行横田組の役人で、栗生沢の墓場に彼のお墓がある。後日調査したい。



夢追人yudakoji28 at 11:37コメント(0)トラックバック(0) 

2008年09月20日

3c47292d.jpeg

大萱峠の道標

 

 

 


 

        神社の鳥居脇から始まる会津中街道、日本山岳会の資料の中から写真を発見!!標識と祠の写真だ。祠には文化3年湯田右衛門と記録された板版が納められていた。この祠が設けられた時期は以下の通り
文化3年(1807年)第11代将軍徳川家斉 田沼意次や松平定信らが名を残した時期でもある。 



夢追人yudakoji28 at 09:57コメント(1)トラックバック(0)